suitandtie

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

からかい上手の高木さんの5巻とかアクアパッツァとかの週末

土曜日。全くと言っていいほど何もしないで終わった1日だった。家でゴロゴロして、「からかい上手の高木さん」の最新5巻がやっとKindleで出たから読んでニヤニヤしまくったり。

 

 

 

 

この巻も、高木さんが可愛すぎて死ぬ。

 

この漫画の主人公である高木さんと西方くんの関係は、中学生男女という稀有な環境でのみ生まれるものだと思う。大人になった今現在は、誰かを好きになるという感情を自分の心で理解できるけど、自分の中学生時代を振り返ると当時はまだ女子を好きになるっていう気持ちがどういうものか分からなかったんだと思う。だから好きな女子に意地悪したり、つっけんどんな態度をとったりという、今思えばアホかお前はという行動をしていた私。まぁ平均的な男子中学生はこんなもんだったんだろう、と思いたい。

 

高木さんの水着選びに付き合うことになってしまった西方くんは、女子の水着売り場にいることがもうすでに限界ギリギリ。その上、高木さんに似合う水着を見つけてあげるまで帰れなくて、でもいくつも水着を試着している高木さんを直視できなくて、っていう。

 

 

f:id:suitandtie:20170227145225j:plain

 

 

「似合ってるよなんてキザなこと言えない...!」なんて思っちゃう西方くん。違う、そうじゃない。キザとかじゃなくて相手が喜ぶために言ってあげるんだよ、なんてことは男子中学生に分かるはずもないのは自分の経験から知っている。ちなみにこのページの最後の一コマからの流れでまた西方くんはからかわれる。

 

振り返って、自分にも高木さんのような相手が当時いたかと言えばいたような気がする。高木さんのようにからかい上手な女の子ではなかったと思うけれど、自分でもよく分かっていない好きという私の気持ちをキレイに見透かして、その上でバカにせず優しく接していてくれたんだろうなぁ。そう思うと女子中学生って男子中学生と比べると本当に大人だった。

 

 

 

 

そして日曜日。朝からリーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードバルセロナ戦を観戦。アトレティコ勝てそうだったのに、やっぱバルセロナは強い。でもシャビがいなくなりイニエスタが少し衰えてきた最近のバルセロナは、メッシ・ネイマールスアレスの3人がとにかく個人技でチャンスを作って、他の人の仕事は守備っていう試合運びが多い気がする。だから最近は、リーガ・エスパニョーラだったらレアル・マドリーとかアトレティコ・マドリードのほうがチーム全体の動きが連動してて、試合を見てて面白い。

 

昼頃には食料品とお酒の買い出し。帰ってきて飲み始めたのは、Sam AdamsRebel Juiced IPA。マンゴーの香りがするIPAでとってもフルーティー。あっという間に1リットルくらい飲んでしまって、晩ご飯にはアクアパッツァなんてものを作ったり。

 

 

f:id:suitandtie:20170227150923j:plain

 

 

合わせるのは、クレソンとベーコンのサラダに、えのきとネギの味噌汁と白米。お店でTai Snapperって書いてある魚があって、Snapperって鯛のことだから要するに鯛鯛って書いてある魚が売ってたので作っちゃろうと。

 

  • 店で下ごしらえしてもらった鯛鯛を、クッキングシートを敷いたフライパンでニンニクとオリーブオイルで両面焼く。
  • 玉ねぎとあさりを入れて、白ワイン入れてもうちょい焼く。
  • パプリカとトマトとちょっと水を入れて、蓋をして蒸し焼きにする。
  • 塩コショウしてパセリ振って完成。

 

全部で30分ちょっとくらい時間かかるけどなかなか美味しくできて、これはまたリピートすることが決定。

 

 


Duke Ellington - Take the a train

 

 

あー、A列車でどっか行きたい。

 

火曜からを振り返って

今週も特に大きな出来事もなく終わった。平和なのはいいことだが、刺激が足りないのは間違いない。

 

火曜日の夜は久しぶりにインドアサッカーの試合に助っ人として参戦。試合には負けてその上に右足のふくらはぎを負傷するという、文字通り踏んだり蹴ったりの結末。軽い肉離れみたいになっちゃって、しばらく運動はおあずけ。寝る前に患部を冷やした処置がどこまで効くか。

 

水曜日。朝起きるとまだふくらはぎがかなり痛い。ふくらはぎが腫れて、筋肉がこわばっている。なので足を引きずって出社。こういう時仕事がデスクワークなのはありがたい。夜には、プレーできないけどサッカー仲間の試合を見に行ってみんなとお喋り。サッカーを見てたらなんだかふくらはぎの痛みが薄れた気がする。心なしか足も引きずらないで歩ける気が。これも一種のプラセボ効果かもしれない、けど筋肉の損傷に対してそんなものがあるのだろうか...。

 

木曜日。仕事はそつなくこなして、お昼にはこんなエビとほうれん草とキヌアのよく分からないものを食べたり。

 

 

f:id:suitandtie:20170226160559j:plain

 

 

夜には上司の人と晩ご飯を食べに、Buffalo Wild Wingへ。

 

 

www.buffalowildwings.com

 

 

色んな種類のフレーバーのチキンウィングが食べれるお店。店内にはテレビが沢山あって、色んなスポーツが見れるため、大きな試合がある時にはすごく混む。そして、バッファロー・ワイルド・ウイングという名前は長いので、別名B-Dub(ビーダブ)と略される。BはバッファローのBで、ワイルド・ウイングの頭文字にWが2つなのでビーダブ。

 

この日はつまみ程度のご飯に、Sam AdamsのRebel IPAを3杯飲んだ。おごりで飲む酒はいつでも最高にうまい。

 

 

そして金曜日。足を引きずらなくても歩けるくらいにはふくらはぎが回復。まだ痛いからゆっくりしか歩けないけど。そして午前中はそんなでもなかったけど、午後から仕事が激忙しくなって、終いには久しぶりに1時間弱残業なんていうものをしてしまった。結構疲れちゃったので、慣れないことはするもんじゃないなホント。疲れたから、帰りがけにお気に入りのタイ料理屋で1品購入してそれをメインに家で晩ご飯。この日買ったのはLarbという、魚醤とライムで味付けされた、肉と色んな野菜とミントのサラダ。なんて美味いんだ、タイ料理。米に合うおかずとしてものすごい有能なのが米好きとしてはたまらない。

 

ラープ (料理) - Wikipedia

 

 


Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 教祖誕生 【MV】

 

やっぱりCreepy Nutsの曲はおもしろくて好き。そして、役を演じるように歌うR-指定のラップはものすごい技術だと思う。

 

2/20/2017

週の初めの月曜日。日曜日の草サッカーからの筋肉痛がある。そして今日は一日中雨で気分もどんより。朝起きてから夜寝るまでノンストップの雨降りで、一度も止まなかったのがむしろ凄い。私の中で雨とか雪の何が1番嫌って、靴が濡れること。そんなに高級な靴を履いてるわけじゃないしがないサラリーマンだけど、大事に履いてる革靴は濡らしたくないよね。

 

しかし仕事はとてつもなく平穏。これがまさにぬるま湯ってやつだと思う。帰ってきてトマトソースのシーフードパスタで晩御飯。ダラダラしてあっという間に夜が更けてしまった。

 

なんだかここ最近は、勉強に集中できない癖が付いてしまった。読書は継続してできるんだけど、実際に手を動かして進める勉強に全く身が入らないのはなぜ。それはきっと読書が楽だからだと思う。本は目で文字を追って指先でページをめくるだけの動作。極端な話、本の内容以外のことを考えながら少し行を飛ばしたとしてもページをめくることができて、本の内容が頭に入っていなくても読み進めた達成感が味わえる。翻って、問題を解いたり手を動かして作業をする勉強は、他のことを考えながらはできない。

 

たいていの人もそうなのかもしれないけど、私にとってインプットはアウトプットに比べるとすごく楽で、そのせいでアウトプットのハードルがすごく高くなってしまっている。だから楽なほう楽なほうに流されて、読書というぬるま湯に浸かって満足した気になってしまう。

 

なんとかインプットとアウトプットのバランス良く勉強したいものですね。

 

ほどよくネガティブになったところで今日はお休みなさい。