suitandtie

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

お家でもドラフトビールの美味しさを!Indiegogo発のFizzicsがあればね

バーで飲む樽生ビールはうまい。なぜなら炭酸ガスを利用して樽からビールを押し出す仕組みで、旨味やビール自体の炭酸抜けを防ぎ、またサーバーのおかげでクリーミーな泡を作ることが出来、雑味を消したり風味を逃がさないようにできるから。

 

樽生ビールが注がれる仕組み | 樽生ビール講座 | サッポロビール

 

つまりクリーミーな泡を作れるかどうかが、美味しいビールを飲む上で大きなポイントなのである。普通缶や瓶のビールをグラスに注ぐと、どんなに上手な人でもビール上面の泡が大きくて荒くなってしまい、お店で出てくるドラフトビールのような細かい泡には出来ないもの。

 

そんな細かいこと気にするなとか野暮は言わない。要するに何なんだというと、お店で飲むのがそりゃあ1番美味しい。それは店の雰囲気もあるし、飲みに行ってるという心持ちの問題でもある。だがしかし。家で飲むビールを極限までおいしくしたいという抑えきれない私の気持ち!それに応えた画期的な商品がこれ。

 

 

KickstarterのライバルサイトであるIndiegogoというクラウドファンディングプラットフォームで5月に出資したこいつがうちに届いた!ついに!初めてIndiegogoでバッカー(出資者)になったプロジェクトだったから少し心配だったけれど、無事商品化され私の手元に。

 

こいつぁ凄いぜ。瓶ビールや缶ビールを、お店で飲むドラフトビールに近い状態で飲めるという代物。こいつを使うと、お店で出てくるものと遜色ないマーベラスな泡ができ、家飲みが一段階レベルアップする。しかも単三電池4本で作動するので電源がいらず、屋外に持っていくことも可能。キャンプやピクニック、果てはビーチなんかにも持っていけちゃう。

 

f:id:suitandtie:20151129123651j:plain

まず箱がイカしてる。

 

f:id:suitandtie:20151129123757j:plain

下の台座と上についてるレバーが別のパーツとして入っていて、それらを組み立てるだけのとても簡単なセットアップ。アホでも組み立てれる大変ユーザーフレンドリーな設計。もしくは、これが組み立てられなければすでに相当酔っ払ってるということ。

 

f:id:suitandtie:20151129123819j:plain

中はこんな感じ。このチューブを瓶なり缶のビールの飲み口に入れ、蓋を閉めてレバーを手前に引けばビールが出てきて、レバーを奥に倒せばクリーミーな泡が出てくるという寸法。ちなみに泡を作る技術は特許申請中らしいと説明書に書いてあった。

 

そしてできるビールがこれ!

f:id:suitandtie:20151129124349j:plain

f:id:suitandtie:20151129124526j:plain

見よ!この泡の細かさ。ちなみにビールはこれ。

 

もともとすごく美味しいビールなのだが、それがこのFizzicsのお陰で何倍にもうまい気がする。気のせいじゃないのかとかは言わない約束だ。

 

これでいろんなビールを買って来て、お店で飲むのに近い状態で飲めるなんてなんて幸せなことだろう。ちなみにこの商品、ビール以外の飲み物には使えないということで、ビールに興味のない人には全くいらない商品です。しかし私にとっては、ここ最近買ったもので1番幸せになった買い物なのでした。私が出した$119という値段を高いと思うか安いと思うかは人それぞれ。私は結構なお値段だと思います...。この商品のプロジェクトはすでに終わっていて、アメリカ国内送料込みで$119は、Indiegogoのウェブサイトでキャンペーン中に出資した人の特別プライス。今は$169、その上アメリカ以外なら最低$40の送料を出さないと買えない。結構高ぇな。

 

私はすでに買ってしまったので、これを存分に楽しむ他ない。でもすごく満足してるクラウドファンディング案件でした。以上。