suitandtie

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

これぞまさしく雑記っていう日記

日曜日はのんびりと起床。11時からいつもの草サッカーに行って汗を流す。なんだか今日は気分がノッてなくて微妙な感じだった。よくプロスポーツ選手が「気持ちを切り替えて頑張ります」とか「前向きに捉えてやっていきます」みたいなことを言うけど、実際にスポーツをやってるとこういう心構え一つがプレーにものすごく影響するのがひしひしと感じられる。どんなに練習して技術を向上しても、どんなに負荷をかけて身体能力を上げても、弱気になっていたりネガティブな気持ちがあったりすると全く実力を発揮できないことはよくある。そしてこれは仕事にも言えることだと思う。気合で何かを乗り切るのはちょっと無理がある(できる時もあるけど稀)けど、心の持ちようがパフォーマンスに大きく影響することは間違いないので、月並みだけどなるべくポジティブにハッピーな気持ちを心がけたいです。

 

そうは言っても、フミコフミオさんの日記を見てると怨嗟のブラックホールに飲まれそうになる。

 

 

「何が安保だ。こちとらインポなんだよ。」って...。

 

話は変わりまして、この日の午後には洗濯したり食料品の買い物に行ったりして日曜らしい過ごし方。酒屋さんにてビールとスコッチウィスキーを買ってしまった。ビールはカリフォルニア産のArrogant Bastard Ale。

 

Arrogant Bastard | You're Not Worthy

 

f:id:suitandtie:20160223145430j:plain

 

アメリカに来て最初に好きになったクラフトビール。昔は友達とパブでこれを飲みまくった。なんだけど、久しぶりに飲むとなんだかあれ?って感じでそこまでおいしく感じなかった。もしかしたら私の舌が肥えてしまって、もうこの程度の味ではビクともしない体になってしまったのか...。それはまるでクリリンが殺される前の強さと殺された後に超サイヤ人になった孫悟空の次元の違う強さのよう。

 

f:id:suitandtie:20160223144106j:plain

 

そしてスコッチウィスキー。Shieldaigのシングルモルト12年。カタカナで言うとシールダイグ。初めて見かけて、結構安かったのとボトルが入っていた缶の入れ物の青に惹かれた。飲んでみると結構サラッとした味だけど、ピート臭のスモーキーさが結構あって十分スコッチらしさが味わえると思った。まぁぶっちゃけウィスキーは詳しくないので適当言ってます。