suitandtie

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

Teslaの最新作、Model 3がついにやってきた!!発売まで2年弱あるけど...

電気自動車を作っているアメリカ企業であるTesla社(TSLA)。約2ヶ月前にTSLAの株を買ってからちょこちょこニュースをチェックし成長を見守っている私。

 

 

 

 

イーロン・マスクが以前から予言していた通り、3月31日にModel 3という車種が発表された。

 

Tesla Unveils Model 3 from Tesla Motors on Vimeo

 

このリンク先の発表会の動画はぜひ見るべき。Model 3に目が奪われたけど、イーロン・マスクがプレゼンというか喋りはあんまり上手くないことに少し驚いた。もしくはただリハーサルとかせずに臨んだだけなのかもしれない。なんにせよスーパーマンのイメージだったイーロン・マスクが少し人間臭く見えたことが嬉しかったりした私。勿論、彼のオーラとかメッセージを伝える力とかは常人離れしてるけど。

 

なんにせよ今回発表されたModel 3。これが最高にかっこいい。

 

f:id:suitandtie:20160405151359j:plain

f:id:suitandtie:20160405151404j:plain

https://www.teslamotors.com/model3

 

参考記事

 

写真はテスラの公式サイトから拝借してしまったが、なんてデザインなんだ。これが未来だよ、未来。以前から言われていた通り、

  • 値段は$35,000からスタート。
  • 1回の充電での連続航行距離は事前に言われていた200マイル(320km)をほんの少し上回る最低215マイル(346km)。
  • 車体のサイズはいま出ているModel Sより小さめ。
  • プレオーダーの受付を開始した。実際の納車は2017年の終わりごろからになる。

 

今回新しく発表された幾つかの点は、

  • 大人5人が座れるスペースがある。
  • 車体の前と後ろにトランクスペースがある。小さな車体だけど結構荷物が詰める模様。積んだ分燃費に跳ね返ってくるのだろうけど。
  • 車体の天井はガラス張りで空間的余裕を感じられる。でも夏とか暑そうじゃね?
  • 0-60mphの加速にかかる時間が5秒以下。これは凄いと思う。車乗るのが好きな人ほどガソリン車に乗る理由がなくなっていくね。
  • 準自動運転システムであるautopilot softwareが標準装備。
  • 各地にある無料で使える充電ステーション、supercharging networkへのアクセス権も標準装備。

 

個人的に1番注目したのは、現時点で世界にあるsupercharging stationの数をModel 3が納車される頃までに約2倍である7200箇所まで増やす予定だと言っていたこと。無料で充電できる所が多ければ多いほど、テスラ電気自動車を所有するインセンティブがより多くの人に働くと思う。未来的なデザインとイーロン・マスクの革新性は凄いけど、より多くの電気自動車を世界中の道で走らせるためにはインフラ整備がすごく重要なのは間違いない。

 

そして個人的な問題はこのModel 3を買うかどうか。勿論欲しくてたまらない。$1000をデポジットとしてテスラに払えばプレオーダーができるから、財布からクレジットカードを出す体勢はいつでも出来ている。パソコンでものの2分もあればプレオーダーが出来てしまうこの環境が恐ろしくて震える。そりゃあ今欲しい物ランキングのぶっちぎり1位なんだけど、車に金かけてもなーというのも本音。特に車好きってわけでもない私にとって車はただの移動手段だし。それならこの$35,000分、テスラの株買いたいよ。まぁ私の場合、買うとしたらそれは未来を先取りするのにお金を払うってことだな。

 

でも世間の人達(少なくともアメリカ人)はこれくらいの値段は車を買う際には何も思わずに使うので、間違いなく売れると思う。あとはテスラがきちんとModel 3を予定通り製造して納車できるかどうか。というのもテスラが創業してから今までに約11万台しか作っていない。それがこのModel 3は、現時点で23万台以上のプレオーダーが入っている。つまり供給が需要に追いつかず、せっかくの期待がしぼんでしまいさらに沢山のクレームが入る危険があるということ。供給量が需要より少し少ない状態は生産者側から見ればいい状態だが、このModel 3の場合は大衆向けというコンセプトなので需要に限りなく合わせた供給ができるかが大事だと感じるので、今年と来年はテスラの正念場だ。ここで頑張って私の所有するテスラ株をグイグイ持ち上げていただきたいと思っています。頑張れイーロン・マスク