suitandtie

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

独立記念日の前日の日記

日曜。昼前に家を出て、家具屋さんに冷やかしに向かった。こちらアメリカではFourth of Julyの独立記念日の週末で、伝統的にどこのお店もセールを行う。なのでいいものが安くなってないかなと見に行って、そして壁掛け時計を購入。直径50cmはあろうかというものが$30くらいの激安価格になっていた。値段以上に気に入ったのが、秒針がチクタク動くものではなくスーッと進んでいくタイプであること。秒針の音が結構なストレスになる私としては大変嬉しく、店頭在庫がなく来週金曜日まで手に入らないけどとっても楽しみ。

 

その後アメリカに来た当初から通ってるアイリッシュパブで、Euro 2016の準々決勝フランス対アイスランドを観戦。勿論一人で。今大会で大旋風を巻き起こしているアイスランド。しかし自国開催のフランスに、山王戦後の愛和学院戦での湘北のようにウソのようにボロ負けした。ちなみに本国では"Iceland"じゃなくて"Ìsland"っていう表記になるみたい。"I"にアクセントのマークが付いてるだけで、"island"=島っていう英単語と同じつづり。そしてアイスランドの人達はだいたいみんなアイスランド語、英語、デンマーク語の3ヶ国語が喋れるらしい!こういうちょっとしたことを知れる海外サッカーの大会はいいね。そして試合の終盤に途中出場したグジョンセンを見て感激。10年以上前にプレミアリーグチェルシーに在籍して、その後スペインリーグのバルセロナに渡ったアイスランドサッカー史上最高の選手。もう30代後半なのにまだプレーしてたなんて知らなかった。今大会ここまでのアイスランドの躍進に加えて、久しぶりにグジョンセンまで見れてちょっと感極まってしまったのは内緒だ。

 


The Vikings’ Shocking Euro Run: The Unbelievable Rise of Icelandic Soccer

 

このビデオで紹介される、"Duglegur"=ハードワーク、困難に挑戦するという意味のアイスランド語は、まさに今大会のアイスランド代表を象徴していると思った。下馬評は低くてもどんな強い相手も倒せしてやるっていう強い気持ちが、アイスランドを準々決勝まで進めたのは間違いないだろう。