suitandtie

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

日記再開宣言

死んだわけでもないのに、このブログを断筆してから早2年弱。そろそろ再開したい気持ちが生まれたので、ここに日記再開を叫びたい。宣誓!私はスポーツマンヒップにモッコリ*1

 

 アメリカは本日、土曜日。前日にインドアサッカーしてそのあと酒を飲んだ影響で、朝はのんびり起きてご飯を食べて昼前に行きつけのコーヒーショップでいつものカプチーノ。勉強したり調べ物したりコパ・アメリカのブラジル対ペルーを見たり。ペルーちんちんにされてたな。その後、これまたいつも行くメキシカンレストランでいつものウェットブリトー(皿に乗ったブリトーにソースとチーズがかかってるからウェットだそうな)を食べ、夕方帰宅。そっからはもうダラダラ。

 

iedge.tech

 

この記事読んで欲しくなっちゃったよ、Google Nest Hub。グーグルフォトに入ってる写真を使ってフォトフレームとして使えるってのが地味に素晴らしい。近々買う、絶対買う。

 

さて最後に、ここ数日の忘れられない1曲をお届けしてお別れしたいと思います。それではまた明日、ごきげんよう

 

www.youtube.com

 

 

*1:ゴルゴ松本による、個人的史上最高の1発ギャグ

PUNPEEのアルバム"Modern Times"は買って正解だった

iTunesさまさまです。

 

 

MODERN TIMES

MODERN TIMES

  • PUNPEE
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥2400

 

 

miyearnzzlabo.com

 

 

先週、配信で発売されたPUNPEEのアルバム"Modern Times"。このラジオの書き起こしとかを読んだりして、発売されたのは知っていた。

 

 

www.gizmodo.jp

 

 

そして、この翌日に上のインタビューを読んでいよいよ居ても立っても居られなくなり、速攻iTunesで購入。日本のiTunesアカウントは持っていないのでアメリカのiTunesで売ってるか心配だったのだが、買えて嬉しい。しかも円安の影響からかアルバムまるっと$15.99で買えて更に嬉しい。

 

日本から遠く離れたアメリカで日本の曲をすぐに買えるなんて、いい時代に生まれたもんだ。

 

アルバムの中身はというと、端的に言って最高。買ってからまだ数日だけれど、家でも車での移動中も延々リピート再生で聴いている。曲調の違う曲が並んだアルバムだけど、全体を通して1つのテーマが背骨となっていて、さらにここ数年のPUNPEEのやってきたことや感じたことがそこここに散りばめられている。

 

このアルバムの成り立ち、テーマなどは本人が語っている上のインタビュー以上の説得力のある説明は不可能なので、個人的な感想や特に好きな曲などを以下に。

 

1曲目の「2057」と7曲目の「Interval」は、年老いたPUNPEE自身の語りという設定の曲。15曲目の「Oldies」のアウトロにも少し語りがある。これから起こることを、さらに遠い未来から過去を振り返るという体で予言するのが凄く面白い試み。しょうもないレーベルが勝手にPUNPEEのベストアルバム出すんだ...とか、今は非合法だけど未来では合法になってるなにかを吸ってむせてるとか。

 

またアルバム全体を通して、バック・トゥ・ザ・フューチャーへのオマージュがスゴイ。デロリアンが飛び立つ時の効果音とか、タイムトラベルの目的地に時間を合わせる時のダイヤル音とか。歌詞の中にも描写があったりするし、PUNPEEはどんだけバック・トゥ・ザ・フューチャーが好きなんだ。

 

2曲目の「Lovely Man」でサビのコーラスを歌うこどもの声。彼・彼女らは「パンピーこども探偵団」というらしく、ジョークが効いててとても好き。こどもの声で、ケツしめてとか聞くとちょっと焦る。でもそれが新鮮で面白い。

 

5曲目の「Renaissance」と6曲目の「Scenario (Film)」が、同着でこのアルバム個人的ベスト曲。Renaissanceのビートが大好き。Scenario (Film)は歌詞がこれぞPUNPEEっていうウィットに富んでいる。メタリカでウォーウォーウォーのとこが最高。

 

13曲目の「タイムマシーンに乗って」が次点で個人的第3位。この曲がこのアルバムに流れる共通テーマのまとめのような曲なのかなと思う。

 

いやー久しぶりに新しいCDを買ったけど、やっぱりPUNPEEの曲はハズレがない。普段は古い曲とか昔からずっと好きな曲とかの、それこそPUNPEEが言うオールディーズを聞いている私だけど、新しく出た音楽を聞くのはすごく楽しい。最新のヒットチャートを追いかける必要はないけど、自分のフィーリングに合う新しい曲を探すのは大事だなと思った次第です。

BRADIOのメジャーデビューが嬉しい、そして新曲が良い

旅日記の続きも書かなきゃだけれど、久しぶりの日記はこんなテーマで。

 

以前から私はBRADIOというバンドの大ファンだと公言している。

 

 

suitandtie.hatenablog.com


suitandtie.hatenablog.com

 

 

そんなBRADIOがメジャーデビューするという。そしてメジャーデビュー第1弾シングルが今月発売。その曲の名は、「LA PA PARADISE」。なんともふざけたタイトルだ。

 

 

www.youtube.com

 

 

公式でフルのミュージックビデオをYouTubeに出してくれてるのがすごく嬉しい。こういう所で出し惜しみしないってのは、海外に住んでいる私のような人にはありがたいし、日本人以外にも聞いてもらえるきっかけになって凄くいいと思う。

 

見れば分かるけど、この新曲の動画のいいさじ加減のダサさがまさにBRADIOの真骨頂。そして、これが1周回ってすごくカッコよく見えるからBRADIOはスゴイ。曲自体もこれぞまさにBRADIOっていうアップテンポの曲で、要するに私の大好きなやつ。この動画もすでに50回以上は見てるし。

 

BRADIOには、これからもどんどんビッグになって欲しい!!

 

 

bradio.jp