suitandtie

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な

日記だよ!でもアメリカに住んでる→日記なのに日付がずれる!→こまけぇこたぁいいんだよ!

python データサイエンス講座 vol.8

 

suitandtie.hatenablog.com

suitandtie.hatenablog.com

suitandtie.hatenablog.com

suitandtie.hatenablog.com

suitandtie.hatenablog.com

suitandtie.hatenablog.com

suitandtie.hatenablog.com

 

 

レクチャー47「Seabornのインストール」

→これはSeabornをインストールするだけ。

 

レクチャー48「ヒストグラム

→matplotlib.pyplotというライブラリを使って、データをヒストグラム(柱状グラフ)に描画する方法を学んだ。

 

レクチャー49「カーネル密度関数」

→Seabornのkdeplotを使って、カーネル密度推定を描画する方法を学んだ。私の場合、そもそもカーネル密度推定とは?というところから始まる。wikiによると、「おおまかに言えば、ある母集団の標本データがあるとすると、カーネル密度推定を使えば、その母集団のデータを外挿(ある数値データを基に、そのデータの範囲の外側で予想される数値を求めること)できる」というもの。

 

うーん、なんとも難しい。とりあえずはっきり分かっていることは、「カーネル密度推定」という単語の語呂の良さ。それだけで気に入った!追々また勉強していこうと思う。

 

レクチャー50「分布の可視化」

→distplotというメソッドを使って、ヒストグラムカーネル密度推定を同時に描画する方法を学んだ。

 

f:id:suitandtie:20160906123241j:plain

こんなん。

 

レクチャー51「ボックスプロットとヴァイオリンプロット」

→boxplotというメソッドでボックスプロットを、violinplotというメソッドでヴァイオリンプロットを描画する方法を学んだ。ヴァイオリンプロットはボックスプロットとカーネル密度推定のいいとこ取りのようなプロット。

 

f:id:suitandtie:20160906123706j:plain

こんなのとか、

 

f:id:suitandtie:20160906123712j:plain

こんなの。

 

レクチャー52「回帰とプロット」

→lmplotというメソッドを使って、線形回帰分析をする方法を学んだ。

 

f:id:suitandtie:20160906123055j:plain

こんなやつ。

 

レクチャー53「ヒートマップとクラスタリング

→heatmapというメソッドを使って、ヒートマップを描画する方法を学んだ。また、clustermapというメソッドを使って、クラスター分析をする方法を学んだ。このメソッドでクラスター分析をすると、デンドログラムを描画してくれる。デンドログラムって、トーナメント戦だなって思った。

 

 

f:id:suitandtie:20160906122823j:plain

 

こんなのが、ヒートマップとデンドログラムというやつ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

はっきり言って、統計学をろくに学んでない私にはここらへんのレクチャーは難しかった。と言うのも、「こうすればこうなる」っていうのは理解できたし、レクチャー動画の写経は問題ないのだが、「これはなにを描画しているのか?」っていうそもそもの部分が分からない時がある。例えばデンドログラム。同時に描画されているヒートマップは直感的だから分かりやすいが、デンドログラムの読み方、使い方がさっぱり分からない。そしてカーネル密度推定。現時点では使い方が分からず、語呂の良さだけを感じています。

 

しかしそんなことは二の次。今は分からないことでも、これから徐々に学んでいこうと思う。そして、こっから実践データ解析編に突入していきます!!

 

た・の・し・み・だ!!